よくあるご質問

日経225先物、日経225mini

【口座開設】

【取引の基本】

【残高・証拠金】

【税金】

【制度・その他】

Q1.口座開設基準・方法は?

先物取引は多額の利益が得られることがある反面、多額の損失を被る(預託した証拠金以上の損失が生じる)危険性を併せ持つ取引です。そのため、下記条件を満たし、かつ相応の知識があると当社が認めた場合にのみ、口座開設が可能となります。

  1. 先物・オプション取引のご経験があること。または株式投資のご経験があり、先物・オプション取引の知識があること。
  2. 満年齢が原則20歳以上75歳未満であること。
  3. 先物・オプション取引口座開設のお申込み時に、すでに立花証券ストックハウス口座を開設されていること。
  4. 電話又は電子メールによる当社からの直接連絡が、常時可能なこと。
  5. 住所・電話番号・生年月日・職業等、当社への届出事項が正しく登録されていること。
  6. 「先物・オプション取引口座設定約諾書」、「指数先物・オプション取引契約締結前交付書面に関する確認書」/「差換預託に関する同意書」を差入れていただけること。
  7. 契約締結前交付書面、諸規則等をよくお読みいただき、先物・オプション取引の制度、当社の取引ルール、先物・オプション取引のリスク等を理解し、「先物・オプション取引口座設定約諾書」等の内容を承諾していること。
  • ※MRF口座を開設されている場合は解約となります。
  • ※上記全ての条件を満たしている場合でも、口座開設を承ることができない場合がございます。
    お客様のご希望に添えない場合の事由については開示いたしませんので、予めご了承ください。


手続きについては、次の「先物オプション口座開設 詳しい画面上の流れはこちら」からご確認ください。
すべてWEBからのお申込となります。

先物オプション口座開設

口座開設に際しては、お客様のご入力いただいた内容をもとに社内審査を行いますが、当社判断により、電話審査を実施させていただく場合がございます。また、法人のお客様については、電話審査が必要となる場合がございます。

※日本証券業協会の協会員である証券会社に勤務する役職員及び銀行、保険会社等に勤務する役職員のうち、登録金融機関業務(主に証券業務全般)に従事している役職員の場合、自己の計算による先物・オプション等の投機的売買を行うことが禁止されています。

Q2.先物の時価はどこで見れますか?

証券口座ログイン後画面でご覧いただけます。
また、標準WEBの証券口座ログイン後、[市況・情報]-[リアルタイム株価ボード(無料)]においてもご覧いただけます。

Q3.取引可能な銘柄は?

日経225先物、日経225miniの全限月(買建及び売建)です。
日経225先物、日経225miniは、日経平均株価を対象としているため、日経平均株価の変動に影響を受け、損失が生じる恐れがあります。また、その損失が、預託した証拠金の額を上回る恐れがあります。

Q4.取引可能時間は?

お取引可能な時間は、各営業日7:10~15:15の間です。
訂正・取消については、各営業日7:10~15:15の間です。(「指値」⇔「成行」の訂正は不可。)
ただし、日中立会開始直前の1分間(8:44~8:45)は取引所が注文の訂正・取消を受け付けない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド)です。また、プレ・クロージングの時間帯(15:10~15:15)は、注文のみを受け付けてマッチングを行いません。
(翌営業日分は、16:15より入力可能)

証拠金振替入力可能時間は各営業日0:00~3:30、5:30~24:00の間です。(15:15以降の振替分は翌営業日分となります。)

注文照会は、当日5:30~翌日3:30の間となります。

※新システムの安定運用を図ることを目的に、当面の間、17時から18時頃の翌営業日注文受付開始とさせていただきます。

Q5.指値の条件や有効期間は?

「指値」、「成行」が可能です。ただし、下記の制限があります。

【日中立会開始前】

  • 「指値注文」は約定が成立するまで当日内の有効注文となります。
  • 「成行注文」はオープニング・オークション時(8:45)に不出来となった場合、「全部失効」(無効)となります。一部出来は当該未執行数量が「失効」(無効)となります。
  • 注文訂正において、「指値」から「成行」の訂正および「成行」から「指値」の訂正を行うことはできません。
    そのため、「指値」を「成行」に変更(または「成行」を「指値」に変更)したい場合には、一旦、元注文の取消を行い、取消結果を確認した後、変更後の内容で改めて注文を発注していただきます。(数量訂正は、削減のみ可能。)

【日中立会中】

  • 「指値注文」は約定が成立するまで当日内の有効注文となります。
  • 「成行注文」は一部約定成立後に未執行数量が残った場合、当該未執行数量は、「失効」(無効)となります。
  • 注文訂正において、「指値」から「成行」の訂正および「成行」から「指値」の訂正を行うことはできません。
    そのため、「指値」を「成行」に変更(または「成行」を「指値」に変更)したい場合には、一旦、元注文の取消を行い、取消結果を確認した後、変更後の内容で改めて注文を発注していただきます。(数量訂正は、削減のみ可能。)

Q6.制限値幅は?

制限値幅は直近期間における基準値段から算出する制限値幅算定基準値(*1)に所定の比率(以下の表を参照。)を乗じて得た値幅とし、原則、四半期ごとに見直しが行われます。実際に適用する値幅は、表中の算出比率に基づき、大阪取引所が算出して公表いたします。

区分 通常時制限値幅 第一次拡大時
制限値幅
第二次拡大時
制限値幅
株価指数先物取引 8% 12% 16%

現在の値幅については、大阪取引所ホームページよりご確認ください。
なお、制限値幅の算出は、前日の日中取引終値を基準に計算されます。

  • (例)お取引される銘柄が「日経225 17年12月」・・前日の日中取引終値 16,250円
     制限値幅が1,320円(= 制限値幅算定基準値16,500円 × 通常制限値幅8%)
      下限・・16,250円-1,320円=14,930円
      上限・・16,250円+1,320円=17,570円




  • (*1)制限値幅算定基準値とは、3月1日、6月1日、9月1日及び12月1日に終了する取引日(休業日に当たるときは、順次繰り下げる。)前25日に当たる日に終了する取引日から起算して20日間における取引対象指数ごとの中心限月取引に係る毎取引日の呼値の制限値幅の基準値段(=前取引日の清算数値)の平均値です。

Q7.枚数の上限は?

日経225先物・日経225mini、それぞれにおいて、1注文あたり注文可能上限は100枚、総建玉上限(売建玉+買建玉)は200枚です。
なお、日経225先物・日経225mini合算で、総建玉上限金額20億円の制限を設けています。

Q8.手数料は?

手数料の案内ページをご覧ください。

Q9.取引の額は?どのくらい損する可能性がある?

取引の額の算式は、以下の通りです。

日経225先物・・・成立単価×枚数×1,000
日経225mini・・・成立単価×枚数×100

例えば、日経225先物を16,000円で1枚買い建てた場合、その取引額は1,600万円になります。
その際の必要証拠金が、1枚あたり50万円とした場合、証拠金額の32倍の額の取引ができることになります。

日経225先物、日経225miniは、日経平均株価を対象としているため、価格は、日経平均株価の変動に影響を受けます。

仮に日経平均株価が大きく下落し、日経225先物の価格が15,000円になり、そこで反対売買により決済した場合、その結果生じる損失(=16,000円で買い、15,000円で売る)は、100万円です(別途手数料・消費税がかかります)。
この場合、証拠金額の50万円を超える損失が発生します。

上述のように、日経225先物、日経225mini取引は、預託した証拠金以上の損失が生じる可能性のある、リスクの高い商品です。新たに取引を始めようとされるお客様は、予め契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、仕組みやリスク等を十分ご理解の上、お取引ください。

Q10.期日は?何時までに決済すればいい?

先物取引では、取引最終日が属する月が「限月」と呼ばれ、いわゆる銘柄となります。
取引最終日は、3月、6月、9月、12月、の第二金曜日(休業日の場合、繰り上げ)(*1)の前日(休業日の場合、繰り上げ)です。これまでに決済されなかった建玉は、取引最終日翌日に算出される「SQ値」で決済されます。

(*1)日経225miniは、3月、6月、9月、12月の四半期限月と、四半期限月以外の直近3限月のマンスリー限月が並行して取引されます。

Q11.決済方法は?

証券口座ログイン後[資産・履歴]-[保有証券等]の「先物建玉」画面(または、[先物・オプション]-[先物取引]の「返済注文」画面)から取引最終日まで返済注文を発注できます。

取引最終日までに反対売買されなかった建玉は、SQ値(スペシャルクォーテーション)との差金決済になります。
→Q10 期日は?何時までに決済すればいい?

  • ※リスク回避のために以下の方法で全建玉を「成行」で発注することができます。
    [資産・履歴]-[保有証券等]の「先物建玉」画面(または、[先物・オプション]-[先物取引]の「返済注文」画面)右上の[先物全建玉決済]ボタンをクリックした注文画面から入力
    【ご注意事項】
    • ※先物全建玉決済ボタンで発注する場合は注文入力画面は無く確認画面へ遷移します。また、全て成行注文となります。ご注意ください。
    • ※日経225先物・日経225mini、それぞれにおいて、1注文あたり注文可能上限は100枚です。その為、「先物全建玉決済」ボタンよりご注文をいただいた場合でも1注文で100枚を超える注文は「受付エラー」となります。ご注意ください。
      (例)ご注文の組み合わせが5枚返済と101枚返済で発注された場合は5枚は執行され、101枚の注文は「受付エラー」となります。
      ご注文の受付状態の確認につきましては【照会/訂正/取消】【建玉一覧】【返済可能建玉一覧】画面をご参照ください。

Q12.新規建て時に必要な証拠金額は?

1単位あたり当社規定証拠金が必要となります。

【当社規定証拠金】
日経225先物・・・1枚あたり、プライス・スキャンレンジの1.2倍。(万円未満切り上げ、最低50万円)
日経225mini・・・1枚あたり、日経225先物の10分の1。(プライス・スキャンレンジの0.12倍、千円未満切り上げ、最低5万円)

プライス・スキャンレンジの額は株式会社日本証券クリアリング機構にて週1回見直しが行われることから、当社規定の証拠金も毎週更新されます。※相場急変動時に株式会社日本証券クリアリング機構にて、プライス・スキャンレンジが臨時に見直された場合、当社規定の証拠金も変更されます。
証拠金の引き上げにより不足金が生じた場合、不足額を発生日の翌営業日正午までに差し入れていただく必要があります。
証券口座ログイン後のお知らせ欄に掲載していますので、ご確認ください。

※SPANパラメーター設定情報は、平成25年7月8日(月)公表(7月16日(火)適用開始)分より、日本証券クリアリング機構ホームページに掲載。

Q13.建玉の維持に必要な証拠金の計算方法は?

「売建玉枚数と買建玉枚数の大きい方×1枚あたり当社規定証拠金」が必要となり、受入証拠金の総額がこれを上回る現金証拠金が必要となります。(日経225mini1枚は、日経225先物0.1枚として計算。)

日経225オプションの売建玉も含めた場合には、以下の計算により算出した証拠金所要額が必要となります。

■証拠金所要額
算式は、(売りポジションと買いポジションの大きい方の建玉数×当社規定証拠金) - (0またはネットオプション価値の総額(*1)の小さい方) です。

  • ※売りポジション・・・先物売建玉+コール売建玉
  • ※買いポジション・・・先物買建玉+プット売建玉
  • ※日経225mini 1枚 は、日経225先物 0.1枚 として計算します。
  • (*1)ネットオプション価値の総額
    買オプション価値の総額から売オプション価値の総額を差し引いて得た額です。
  • ※買オプション価値の総額
    買建玉が売建玉を上回るオプション取引の銘柄について、清算価格を1単位あたりの金額に換算した額に、売り買い差引数量を乗じて得た額
  • ※売オプション価値の総額
    売建玉が買建玉を上回るオプション取引の銘柄について、清算価格を1単位あたりの金額に換算した額に、売り買い差引数量を乗じて得た額

当社規定証拠金は、プライス・スキャンレンジの1.2倍(万円未満切り上げ、最低50万円) 、日経225miniの場合にはプライス・スキャンレンジの0.12倍(千円未満切り上げ、最低5万円)とし、日本証券クリアリング機構により公表されたSPAN®(*2)で使用する「SPANパラメーター」の1つであるプライス・スキャンレンジを参照しております。

(*2) SPAN®とは、Chicago Mercantile Exchange(CME)が開発した証拠金計算方法で、The Standard Portfolio Analysis of Riskの略です。先物・オプション取引全体の建玉から生ずるリスクに応じて証拠金額が計算されます。

■受入証拠金の総額

  • ※オプションの買建については、約定代金〔オプション価格×取引数量×1,000+手数料(税込)〕があらかじめ証拠金として必要となります。
  • ※オプション価値総額の算出は、大阪取引所が発表する清算価格(*3)で行います。額は、→大阪取引所HPでご覧いただけます。

注意:規定証拠金の変更は、既建玉についても適用されます。規定証拠金が増額となった場合、証拠金不足となるケースがありますので、ご注意ください。

(*3)立ち会い時間中(夜間立会取引時間を除く)は時価を使用します。

Q14.入金したら証拠金に入る?

ご入金額は、お預り金(信用保証金含む)となります。このため、お客様ご自身でお預り金→証拠金への振替をご入力いただく必要があります。
証券口座ログイン後の[入出金・振替]-[現金→証拠金]の順に進んだ画面より、ご入力ください。
尚、証拠金振替入力可能時間は各営業日0:00~3:30、5:30~24:00の間です。(15:15以降の振替分は翌営業日分となります。)

Q15.出金方法は?

一旦お預り金(信用保証金含む)への振替入力を行っていただいた後、出金請求画面からご入力ください。
尚、信用取引の保証金率割れ等、お預かり残高の状況によっては、ご出金いただけない場合がありますので、ご注意ください。

Q16.証拠金は株券でも代用できますか?

出来ません。証拠金は現金のみとなります。

Q17.証拠金不足が発生した場合は?

毎営業日大引け後に値洗いを行います。値洗いの結果証拠金不足が発生した場合には、当日16:10以降、証拠金不足をメールにてお知らせします。
不足金額は、発生日の翌営業日正午までに当社で確認がとれるよう、ご入金ください。ご入金の確認がとれない場合には、当社任意に強制反対売買で返済(決済)させていただきます。

  • 強制反対売買は、証拠金不足が発生した翌営業日正午以降、当社の任意の判断で行います。
    不足金額のご入金がなく強制反対売買に至った場合、決済当日の新規建余力は回復いたしません。また、以後のお取引を制限させていただく場合があります。
  • 証拠金不足発生後に全建玉を決済いただいても、不足額以上のご入金が無い場合には、決済当日の新規建余力は回復いたしません。また、以後のお取引を制限させていただく場合があります。
  • 画面上の証拠金不足額表示は、発生日の16:10ごろです。
    証券口座ログイン後のお客様へのお知らせ欄、または[資産・履歴]-[証拠金推移]画面をご確認ください。
  • メールアドレスをご登録いただいていない場合、メールのお知らせを受取ることができませんので、必ずお客様ご本人のみが利用されるメールアドレスをご登録くださるようお願いいたします。また、携帯メールアドレスをご登録いただいている場合、または受信拒否などのサービスをご利用の場合には、当社からのメールが受信されませんので、ご注意ください。
  • お客様からのご入金額は、お預り金(信用保証金含む)として入金されますので、証拠金へお振り替えいただく必要がありますが、信用保証金率割れ等、お預かり残高の状況によっては振替ができない場合がありますので、ご注意ください。
  • お振り込みは、ご本人様名義で行ってください。
    また、専用振込先口座、オンライン入金以外へのお振り込みの場合は、ご入金の都度、その旨、当社カスタマーサービスまでご連絡をいただく必要があります。

※新システムの安定運用を図ることを目的に、当面の間、17時から18時頃の証拠金不足通知の表示およびメール送信とさせていただきます。

Q18.SQで返済(決済)した場合の証拠金拘束は何時解除されるのか?

SQにより返済(決済)した建玉に係る証拠金の拘束は、SQの翌日朝5:30に解除されます。

Q19.評価損益は証拠金から加減されますか?

評価損益は、証拠金から加減されます。

なお、評価損益は、立ち会い時間中(夜間立会取引時間を除く)は時価、大引け後の値洗い時は精算指数との比較で算出します。

※制度上、日経225miniの精算指数は、同限月の日経225先物と同じ値段とされています。日経225miniの終値ではありませんので、ご留意ください。

Q20.税金は?

国内の先物、オプション取引で発生した利益は「先物取引に係る雑所得等」に当たり申告分離課税の対象となります。
税率は、一律20%(2013年~2037年は復興特別所得課税期間の為、20.315%)となり、確定申告をする必要があります(※1)。
確定申告には「先物決済報告書」または「取引残高報告書」をご利用いただけます。
当社では、電子交付により発行しておりますので、以下の手順で出力をお願いいたします。

<出力手順>

  • ①証券口座ログイン後[資産・履歴]-[履歴]内『取引報告書等電子交付』画面を選択
  • ②「先物決済報告書」出力の場合
     ・・・『取引報告書等電子交付』画面の 報告書>『取引報告書』より〔報告書種類〕で
      「先物決済報告書」を選択し、〔絞り込む〕をクリック>表示されたPDFをクリック

  •  「取引残高報告書」出力の場合
     ・・・『取引報告書等電子交付』画面の 報告書>『取引残高報告書』より〔対象年月〕
      を選択し、〔絞り込む〕をクリック>表示されたPDFをクリック

当社では、年間取引報告書の作成がございません。お手数をお掛けいたしますがお客様ご自身で年間の損益計算をお願いいたします。



  • (※1)給与所得が2千万円以下の給与所得者で、かつ、給与所得・退職所得以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告を要しませんが各種控除申告をする場合は確定申告が必要になります。


上記は、お客様の属性および諸条件によりこの限りでない場合があります。詳しくは、所轄の税務署等にお問い合わせください。

Q21.損益通算はできますか?

国内の先物、オプション取引、FX取引、商品先物など他の先物取引とならば、利益と損失を差引き計算する
「損益通算」ができます。
ただし、株式取引等の譲渡所得との損益通算はできません。

Q22.損失が出た場合は繰り越し控除ができますか?

国内の先物、オプション取引で損失が出た場合、損益通算を行った結果、その年に控除しきれない
損失額が発生したようなケースでは、その損失を翌年以降、最長3年間繰り越すことができます。
損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失の金額が生じた年について、確定申告をしておく
必要があり、かつ、その後についても継続して確定申告を行う必要があります。

※損失繰越控除を受けるためには、取引のない年であっても毎年確定申告をする必要があります。



上記は、お客様の属性および諸条件によりこの限りでない場合があります。詳しくは、所轄の税務署等にお問い合わせください。

Q23.サーキット・ブレーカー制度とは?

相場が過熱してきた場合、取引を一時中断することで投資家の過熱感を鎮め、冷静な判断の機会を設けるための措置です。

【発動条件】
先物取引の中心限月取引について、次の条件に該当した場合
先物取引(ミニ取引を除く。)の中心限月取引において、制限値幅の上限(下限)値段に買(売)呼値が提示され(約定を含む。)、取引等が行われた場合、直ちに原資産が当該中心限月取引と同一の先物取引(ミニ取引を含む。)を一時中断する。

【適用除外の条件】

  • 日中(午後)立会又は夜間立会のレギュラー・セッションの終了時刻から20分前以降に発動条件に該当した場合
  • 同一取引日の間に制限値幅の上限(下限)値幅を2回拡大した後、再度発動条件に該当した場合
  • 取引状況等を勘案して取引の一時中断を行うことが適当でないと大阪取引所が認める場合

【中断時間】
10分間

Q24.夜間立会取引(ナイト・セッション)とは?

夜間立会取引(ナイト・セッション)」とは、OSE(大阪取引所)で開始された、株価指数先物・オプション取引の、16:30~翌日6:00の取引のことです。立花証券ストックハウスでは、「夜間立会取引(ナイト・セッション)」はお取り扱いしておりませんので、予めご留意ください。

Q25.ギブアップ制度とは?

ギブアップ制度」とは、OSE(大阪取引所)で導入された、注文執行と清算を別々の業者(証券会社等)で行うことができる制度です。利用する場合、予め「顧客」「注文執行取引参加者」「清算執行取引参加者」の3者間でギブアップに関する契約を締結しておく必要があります。

立花証券ストックハウスでは、「ギブアップ制度」はお取り扱いしておりませんので、予めご留意ください。

Q26.「直接預託」、「差換預託」とは?

「直接預託」=証券会社はお客様が差し入れた証拠金全てをそのまま取引所に預託します。
「差換預託」=証券会社はお客様の書面による同意がある場合、証拠金に相当する額以上の自己で保有する金銭又は有価証券を取引所に預託します。

立花証券ストックハウスでは直接預託となります。

投資に際してのご留意点等

お客様サポート

お気軽にご相談ください。

0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)
新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、
【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせはこちら

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

カスタマーサービスにご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)
新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、
【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へページ上部へ