2022.02.28 東京証券取引所の市場区分見直しについて(2022/4/4~)

日頃より弊社サービスをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

東京証券取引所(東証)では、2022年4月4日に、現在の4つの市場区分「一部、二部、マザーズおよびJASDAQ(スタンダード・グロース)」から3つの市場区分「プライム、スタンダード、グロース」へ見直すことが予定されております。

市場区分見直しの概要、上場会社による選択結果等につきましては、以下の日本取引所グループのWEBサイトをご覧ください。







※情報の追加がありましたら、本WEBサイトにて随時更新いたします。

【一部内容更新のご案内】
「取引画面・情報サービス画面の市場表記」について
AI決算カレンダーを追記しました。
詳細は →こちら(2022.03.18)

【一部内容更新のご案内】
「入替えて表示する指数」について
画面表示の略称を追記しました。
詳細は →こちら(2022.03.16)

【一部内容追加のご案内】
「メンテナンスに伴う重要なお知らせ」について
東証の市場区分見直し対応に伴うシステムメンテナンスの案内を追加しました。
詳細は →こちら(2022.03.07)



当社ストックハウスにおける変更事項について以下の通りお知らせいたします。

取引画面・情報サービス画面の市場表記について

東証プライム 東証スタンダード 東証グロース
【標準Web】
取引画面
内国株 東証プライム 東証スタンダード 東証グロース
外国株 東証プライム外国 東証スタンダード外国 東証グロース外国
【標準Web】
市況・情報
>マーケット情報
>株式スクリーニング
/ランキング
内国株 東証プライム 東証スタンダード 東証グロース
外国株
【標準Web
/立花トレードリッチ
/株アプリ
(for Tablet含む)】
会社四季報
最新銘柄レポート
内国株 東証プライム 東証スタンダード 東証グロース
外国株 - - -
【立花トレードリッチ
/株アプリ
(for Tablet含む)】
内国株 東プ 東ス 東グ
外国株 東外 東外 東外
【標準Web】
市況・情報
>リアルタイム
株価ボード
/AI決算カレンダー
【スマートフォン
専用WEB】
内国株 東証 プラ 東証 スタ 東証 グロ
外国株 東証 プラ外 東証 スタ外 東証 グロ外

情報サービス「国内指標」画面等の表示指数見直しについて

市場区分の見直しにより、TOPIXを始めとして継続する指数と、2022年4月4日で廃止、および新設される指数があります。継続、新設、廃止される指数の詳細は、以下の日本取引所グループのWEBサイトをご覧ください。


当社ストックハウスの情報サービス「国内指標」画面等で表示している指数についても、この度の東証市場区分の見直しと同時に、以下の通り指数の入替えを実施いたします。

画面表示 廃止する指数 入替えて表示する指数
JQ-INDEX(JASDAQ INDEX:ジャスダック指数) J日経MS(JPX日経中小型株指数)
2部指数(東証第二部株価指数) グロースコア(東証グロース市場Core指数)

対象画面



信用取引 二階建て規制の変更について

代用有価証券と同一銘柄を信用取引で買建する「二階建て」の規制について、建株制限を以下の通り変更いたします。

二階建規制 変更後(※) 変更前
差入保証金総額に占める同一銘柄の代用有価証券の評価額の割合が50%を超えた銘柄の買建株総額は差入保証金の1倍が上限となります。
また、新規建て後、差入保証金総額に占める同一銘柄の代用有価証券の評価額の割合が50%を超えた場合、出金(現金保証金の減少(証拠金振替も含む))、同一銘柄の現物買付や現引(代用有価証券の評価額の増加)の注文も行えないものとします。
なお、同一銘柄が両建の場合は差し引き後の買建株に対し適用します。
委託保証金総額に占める代用有価証券の評価額の割合が以下の割合を超えた銘柄の新規買建注文は行えないものとします。
また、新規建て後、委託保証金総額に占める代用有価証券の評価額の割合が以下の割合を超える、出金(現金保証金の減少(証拠金振替も含む))、同一銘柄の現物買付や現引(代用有価証券の評価額の増加)の注文も行えないものとします。

東証1部・・・70%
東証2部・・・40%
ジャスダック、マザーズ・・・40%
変更後(例)

<建株残高無し> Q.買建の上限は?
差入保証金総額1,000万円(現金 499万円、A銘柄評価額 501万円)
(A銘柄評価額 501万円)÷(差入保証金総額 1,000万円)×100=50.1%
 ⇒A銘柄の買建株総額は1,000万円が上限

<建株残高 A銘柄1,000万円> Q.どのくらい現物買い(現引き)できるか?
差入保証金総額1,000万円(現金1,000万円)
⇒A銘柄の現物買付・現引は555万円(評価額で444万円)が上限(差入保証金の50%迄)



  • A銘柄評価額 555万円×80%=444万円
  • 現金保証金 1,000万円-555万円=445万円
  • (A銘柄評価額 444万円)÷(差入保証金総額 889万円)×100=49.9%

メンテナンスに伴う重要なお知らせ

東証の市場区分見直しに伴い以下の対応を実施いたします。

お客様には大変ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承願います。



投資に際してのご留意点等

◀ お知らせ一覧に戻る

お知らせ

お気軽にご相談ください。

0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)
新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、
【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせはこちら

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

カスタマーサービスにご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)
新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、
【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へページ上部へ