ETF(上場投資信託)

ETF(上場投資信託)とは?

投資信託でありながら、

ETF(上場投資信託)の特徴

購入代金例(手数料含まず)
  • 上場225(1330)を、2014年6月13日(終値)15,580円で、最低単位10株購入した場合・・・
    購入代金は155,800円
  • 225投信(1321)を、 2014年6月13日(終値) 15,500円で、最低単位1株購入した場合・・・
    購入代金は15,500円

ETF(上場投資信託)と、一般的な投資信託や株式との違い

ETFは、多くの点において一般的な投資信託と似ていますが、大きな相違点もあります。
ここでは、株価指数との連動を目標とした追加型株式投資信託(非上場)と株式、ETFの3商品を対象に、それぞれのメリット・デメリットを比較します。

※ 信用取引につきましては、一部対象外の銘柄があります。
ETF 追加型株式投資信託 株式
分散投資
リアルタイムに取引
信用取引 ○※
TOPIXなど指数に連動
コスト

リンク債及びOTCデリバティブ取引に投資するETFの信用リスクについて

東京証券取引所より、リンク債及びOTCデリバティブ取引に投資するETFの信用リスクに関して通知がございましたので、これらのETFの商品性やリスク等の詳細につきましては、以下の東京証券取引所のホームページにてご確認ください。

ETF(上場投資信託)等の指標の説明について

近時、諸外国の取引所では、株価指数などの伝統的な指標に連動するETF・ETNに留まらず、様々な新しい指標に連動するETF・ETNが多数上場され、活発に取引が行われています。

例えば、一定の投資成果を実現するための投資戦略を表現した指標(以下、「エンハンスト型指標」といいます。)や、原指標(TOPIXなど)の騰落に一定の掛け目を乗じることなどにより、当該原指標の騰落を増幅又は反転させた指標(以下、増幅させた指標を「レバレッジ型指標」、反転させた指標を「インバース型指標」といいます。)もその1つです。

これらETF等の指標の説明や特性等につきましては、以下の取引所のホームページにてご確認ください。

エンハンスト型指標
レバレッジ型・インバース型指標

ETF(上場投資信託)の投資リスクについて

ETFには、主に以下の投資リスクがあります。

【価格変動リスク】
組み入れた株式などの値動き等により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
【信用リスク】
組み入れた株式などの発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
【為替リスク】
外国為替相場の変動により、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
【カントリーリスク】
投資対象国・地域における政治・経済情勢の変動、税制等諸制度の変更、天変地異等による基準価額の変動により、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
【その他】
株価指数等に連動する投資成果を目指し運用しますが、指数の構成銘柄のすべてを指数の算出方法どおりに組み入れない場合がある等の理由から、基準価額の動きが指数と完全に一致するものではありません。

※ 投資リスクは上記に限定されるものではありません。

その他ETF(上場投資信託)に関するご留意点

【関連ページ】

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ