【信用取引コラム 実践編】
 第5回 PER・PBRと信用取引

2015.01.13

第4回で一気に具体的な戦術論になって、結論じみた話になってしまいましたが、それだけ信用取引における売りは重要で、これは第10回(最終回)の、信用取引で最も重要な事項へ繋がって行きますが、ここでは元に戻って信用取引の実践における特徴をもう少し考えて行きましょう。基本的な事に終始するかもしれませんが、それをしっかり身に着けると、スポーツで言えば「軸のしっかりしたフォーム」になると思います。

第1回 信用取引と「時」でも述べましたが、トレーディング理論から言うと、安いところを買って高いところを売るのが現物取引で、高いところを買ってより高いところを売るのが信用取引です。もちろん高いか安いかは投資家個々の判断ですが、その判断に、PER(株価収益率)とPBR(純資産倍率)はよく使われる尺度です。

例えば「PBR0.5倍」の銘柄があったとすると、多くの投資家はこの銘柄に対して割安感を持つと思います。特に、利益がしっかり出ているのに、PBR0.5倍の銘柄だったら、一般的には「割安」と言う表現が使われることはほぼ間違いないでしょう。利益が出ている銘柄ですから次の期にはPBRは更に下がります。0.4倍になったとしますと、「超割安」と言う表現が使われるかも知れませんね。しかし、0.5倍で上がらなかった「割安」株は0.4倍の「超割安」になったからと言って上がる保証はありません。逆に自己資産を経営に利用できない無能経営者のいる会社として、更に敬遠されるかもしれません。赤字会社で無い場合は期を追うごとに資産が蓄積され、更に割安度が増すわけですから、いつかは(いつになるかはわかりませんが)買われることになりますから、この投資法が間違っているとは言えません。ただし、この割安基準で投資する場合は、年単位になりますので、当然現物取引となります。そしてそれは「我慢比べ取引」です。赤字会社に転落しようものならこの投資は負けとなりますが、もし、無能経営陣を取り替えたら優良会社になるとしてM&Aでも始まったら、良い意味で大変な事になります。

現実は、M&A等の材料が出る事はごく稀で、我慢比べに勝つか負けるかの投資になります。従って、割安株投資に信用取引を使う事は大きな間違いで、信用建余力がたっぷりあるからと言って、「3.3倍まで買える現物取引だ」と言う感覚で割安株に投資するのは、もうその時点で負けたも同然です。もちろん、「割安株」「超割安株」に材料が出た時や、業績変化が見え、株価がその動きを織り込み始めたら、その時こそ信用取引で参戦する時です。

PERでも同じことが言えます。PER8倍の銘柄が、10倍になるまで3年もかかったのに、10倍から12倍までは3週間だったなどと言う例は多々あります。信用取引はやはり動いてから、高いところを買ってより高いところを売ると言う基本フォームをしっかり持つべきです。待ち伏せ買いなどもやってはいけません。それは現物取引の世界です。ただし、動き始めたトレンドの「初押し買い」は待ち伏せ買いとは違いますので信用取引の範疇です。

我慢比べや待ち伏せ買いでホールドしていた現物株が動き出した、信用取引発進!という事になると、現物と同じ銘柄を信用でも買う事になります。所謂2階建てとなりますので、リスク管理から好ましくない事になります。投資金額に対して高い比率で2階建てになる場合は、それだけ現物で力を入れて買っていたことになりますから、それは素直に喜んで現物だけの持続で利益を膨らませた方が良いと思います。動き出したから信用取引で更に利益を倍増させようなどと欲を出す事は避けるべきです。2階建てが許容されるのは複数の銘柄をホールドしていた場合です。

しかし、現物で買っていた銘柄が上がり始めたので、信用で買い乗せた事は、トレーディングテクニックとしては間違っていません。買い乗せ(ピラミッティングと言います)と信用取引について次回で勉強いたしましょう。



平野 憲一(ひらの けんいち)
株一筋40年マーケットアナリスト
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など出演多数
日本証券アナリスト協会検定会員

~略歴~
1970年   立花証券株式会社入社
2006年   同社執行役員就任
2014年7月 個人事務所 K ASSET 代表マーケットアナリスト就任

ブログ『平野憲一の株のお話』


この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、その正確性、安全性等について保証するものではありません。


関連コンテンツ

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【信用取引について】
  • 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。 また、これらにより生じる恐れがある損失の額は、差し入れた保証金(当初元本)を上回る損失が生じる恐れがあります。
  • 株式は株価変動等により損失が生じる恐れがあります。株式の発行者や組入れ有価証券の発行者の業務や財産の状況、市況の変化に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。ETNは裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性があります。これらにより生じる恐れがある損失の額は、預託した委託保証金の額を上回る恐れがあります。
  • 約諾書の印紙代が必要な場合は、当社が負担いたします。
  • 取引に際し、売買代金の30%かつ30万円以上の委託保証金が必要です。株式・投信で代用する場合は、原則、基準値段の80%で評価されます。
  • 信用取引は、取引しようとする額の30%の委託保証金(最低委託保証金額は30万円)を預託することにより取引が行えることから、取引額は預託すべき委託保証金の額を上回ります。その比率は、約3.33倍です。
  • 建株の評価損や諸経費、代用有価証券の値下がり等により、計算上の委託保証金の額が30%未満または30万円未満となった場合、不足額を当社所定の日時までに差し入れていただく必要があります。差し入れが確認できなかった場合、当社の任意で建株の一部または全部を決済させていただきます。
  • 建株の株式分割時、分割比率が整数倍の場合は建株数が増加、建て単価が減額されます。分割比率が整数倍ではない場合、権利入札により権利処理価格が決定され、建て単価から減額されますが、入札時の相場状況・需給関係によっては、理論上の価格と乖離する場合があります。
  • 建株に係る株主優待は、受け取ることはできません。
  • お預かりする委託保証金は分別保管の対象ですが、信用取引により買い付けた株券、及び売り付けた代金は、分別保管の対象ではないため、当社の経営が破綻した場合等に、信用取引の決済が行えない可能性があります。この場合、原則、取引所が定めた株価等をもって金銭により清算されますが、支払い請求権には一切優先的地位が与えられないため、計算上利益が生じている場合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象にもなりません。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ