【信用取引コラム 実践編】
第6回 ピラミッティングとストップロス 投げ売りか?ナンピン買いか?

2015.01.26

買った後、予想通り上がった!利益確定売りか?買い乗せか?

予想に反して下がった!投げ売りか?ナンピン買いか?

答えは明らかです。予想に反した動きに付き合うのは理屈に合いません。負けを素直に認める事です。動揺している(損がいくらになるのか?どうしてこうなるのか?)自分の心に耳を貸してはなりません。相場のいう事に耳を傾けるべきです。

信用取引で利益を上げるのは買い乗せです。予想通りの動きになった事を、高く評価すべきで、利益確定はその価値を限定させてしまう勿体ない行為です。買い乗せのタイミングはマイナートップ(直前までの高値)を抜いた時が、シンプルでわかり易いでしょう。

筆者の友人がやっている方法を1つご紹介します。仕込む銘柄数は5銘柄から多い時で10銘柄位です。第4回で述べた「汗」をかいて調べた買い銘柄を、更に厳選して現物で買います。この時現金はほとんど残しません。そして、基本的にナンピン買いはしません。自信のある銘柄ですから目いっぱい買います。ただし、市場全体の下げの影響を受けますから、それを軽減する為、マーケットがプラスの日に、ETFで信用売りをします。手数料負担を考えて、1570日経レバETFを使っているようです。ヘッジ比率は2-3割。従って、研究して選んだ銘柄を現物で複数銘柄、目いっぱい買って、同時にETFでヘッジ。これがスタートの形です。

それからは、マイナートップを抜いた時点で信用で買い乗せます。2階建てになりますが、複数銘柄を保有していますし、ヘッジもしていますから許されるでしょう。これはマイナーボトム(直前の安値)を切らない限り続けます。マイナーボトムを切ったら現物、信用両方売ります。ストップロス(損切)は、ファンドでは-12%、-15%、-20%等を使いますが、この場合は何%にするか悩む必要はありません。マイナーボトムを割れた時が、売りのタイミングで、利益が出たら「利益確定」、損が出たら「ストップロス」とその売り行為の名称が変わるだけです。最初に買った複数銘柄の内で、継続的に上がる、所謂出世株が出たら、それに付き合って買い乗せて行くわけですから、大きな利益となります。

このマイナー「トップ・ボトム」法の勝利確率は統計的には52%だそうです。誰かが集計した統計ですが、定かでありません。この「トップ・ボトム」法は新値足投資法と似ていますね。新値足投資法の確率もやはり50%に近いようです。「そんな確率では儲からない!」ですね。この勝利確率を大きく高めるのが、①銘柄の選択力と、②買い乗せの株数と、③このゲームのスタートの位置です。

①銘柄の選択には何度も言うように、「汗」を掻いて下さい。掻いた汗の量だけ勝利確率は高まります。

②買い乗せ株数がピラミッティングの由来ですが、買い乗せするごとに株数は少しずつ少なくしていきます。多くしたり、同株数では、ピラミットの形になりません。3000株買った銘柄が、マイナートップを抜いたところで2000株買い乗せ、押し目がマイナーボトムを下回らない内に反発し再びマイナートップを抜いたところで1000株買い乗せと言った感じです。1000株が単位株なら次も1000株です。出世株になるとピラミットと言うより、スカイツリーのようになります。2000株買う時と1000株買う時のマイナートップは当然違うものですね。信用担保が足りなくなることを心配する必要はありません。スカイツリーのようになる銘柄は簡単には出ません。もしたくさん出て、信用枠が足りなくなったら、相対的に動きの悪い保有株を、余裕を持って外せば良いだけです。

そして、勝利確率を決定する一番の要素は、③スタートのタイミングです。選んだ買い銘柄が、底値揉みあいをしていたら、優良な仕掛けタイミングと言えます。これらの条件が合えば、勝利確率は60%にも70%にも上がってきます。

この「トップ・ボトム・ヘッジ付き」法の続きは、最近の事件も含めて次回。



平野 憲一(ひらの けんいち)
株一筋40年マーケットアナリスト
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など出演多数
日本証券アナリスト協会検定会員

~略歴~
1970年   立花証券株式会社入社
2006年   同社執行役員就任
2014年7月 個人事務所 K ASSET 代表マーケットアナリスト就任

ブログ『平野憲一の株のお話』


この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、その正確性、安全性等について保証するものではありません。


関連コンテンツ

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【信用取引について】
  • 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。 また、これらにより生じる恐れがある損失の額は、差し入れた保証金(当初元本)を上回る損失が生じる恐れがあります。
  • 株式は株価変動等により損失が生じる恐れがあります。株式の発行者や組入れ有価証券の発行者の業務や財産の状況、市況の変化に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。ETNは裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性があります。これらにより生じる恐れがある損失の額は、預託した委託保証金の額を上回る恐れがあります。
  • 約諾書の印紙代が必要な場合は、当社が負担いたします。
  • 取引に際し、売買代金の30%かつ30万円以上の委託保証金が必要です。株式・投信で代用する場合は、原則、基準値段の80%で評価されます。
  • 信用取引は、取引しようとする額の30%の委託保証金(最低委託保証金額は30万円)を預託することにより取引が行えることから、取引額は預託すべき委託保証金の額を上回ります。その比率は、約3.33倍です。
  • 建株の評価損や諸経費、代用有価証券の値下がり等により、計算上の委託保証金の額が30%未満または30万円未満となった場合、不足額を当社所定の日時までに差し入れていただく必要があります。差し入れが確認できなかった場合、当社の任意で建株の一部または全部を決済させていただきます。
  • 建株の株式分割時、分割比率が整数倍の場合は建株数が増加、建て単価が減額されます。分割比率が整数倍ではない場合、権利入札により権利処理価格が決定され、建て単価から減額されますが、入札時の相場状況・需給関係によっては、理論上の価格と乖離する場合があります。
  • 建株に係る株主優待は、受け取ることはできません。
  • お預かりする委託保証金は分別保管の対象ですが、信用取引により買い付けた株券、及び売り付けた代金は、分別保管の対象ではないため、当社の経営が破綻した場合等に、信用取引の決済が行えない可能性があります。この場合、原則、取引所が定めた株価等をもって金銭により清算されますが、支払い請求権には一切優先的地位が与えられないため、計算上利益が生じている場合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象にもなりません。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ