【信用取引コラム 実践編】
 第4回 売り銘柄の見つけ方(2)

2014.12.22

極端に売り中心の運用をするヘッジファンドの売り銘柄は、実は参考になりません。「借りる事の出来た銘柄が、即売り銘柄」になるからです。最初から日本株を売ると言う方針の基、株を貸してくれる相手を探し、どんな銘柄でも借りられたらすべて売ります。ですから彼らの銘柄を研究しても意味がありません。

しかし、全然参考にならないかと言うと、買い銘柄を選ぶときに参考になる部分もあります。皆さんが買い銘柄を選ぶ時に、特定株が多く、浮動株比率が小さいから上がり易いと判断する事があると思います。しかし、特定の筋からも株が出て来ます。特に長期保有の機関投資家でも株を貸し出して貸株料を稼ぎます。浮動株が少ないと安心しているとどこからともなく売りがどんどん出てくることがありますから注意が必要ですよ、と言うくらいしか役に立ちません。

普通のファンドは自前の調査網と、信頼する証券会社(主に外資系)のアナリストレポートから選びます。しかし、既に述べたように売り推奨レポートは数が少ないので、売り需要を満たすことができません。そこでたくさんある買い銘柄レポートや企業訪問等で「買い」と決定した企業の「対角線上にある銘柄も売り銘柄にします。裁定取引とも言いますが、今現在の銘柄を例に挙げると「予想」という事になりなすので、分かり易く過去例で言えば、イトーヨーカ堂が良いとなったら不利になるダイエーを空売りすると言うようなものです。

この場合は企業の深堀調査で銘柄を決めますが、単純に同業種でPERが割高に買われ過ぎている銘柄を売り、割安に放置されている銘柄を買うと言う方法を使うヘッジファンドもあります。

割安割高は個別株だけでなく業種間でもあります。また、担当アナリストがカバーしている複数業種の中で買い銘柄とそうでない銘柄を区別する場合もあります。直近では12月10日付けのクレディ・スイス証券のレポートで、アナリスト各自が、「持つべき銘柄」と「避けるべき銘柄」を発表しています。これらは、ヘッジファンドのニーズに合わせた対応だと思います。日系証券も積極的に「持ってはいけない銘柄」を発表すべきだと思いますが・・。

裁定取引はペアトレードと言いますが、多くのファンドが利用しています。個人投資家もどんどん利用して経験を積むべきだと思います。

個別銘柄の売りは、テクニカルで判断する場合も多く見られます。いくつか例を挙げますと、
1. 個別銘柄が25日移動平均との乖離が広がったタイミング。
2. 移動平均中短期線が長期線を下抜ける所謂デッドクロス発生のタイミング。
3. 中期線が横ばいから下降トレンドに入るタイミング
4. 株価が高い位置で出来高減少し始めるタイミング
テクニカルの世界でもペアトレードは、個別株間、業種別間で一般に利用されています。

ファンドのやり方を真似しましょうと言ってきましたが、ファンド運用の基本である「自前の調査網と、信頼できるアナリストレポート」を個人投資家は持っていないとおっしゃるかも知れませんが、立派に持っていらっしゃいますよ。それは、会社四季報・会社情報です。

45年間の業界生活の中での私の実感ですが、10ページ、20ページの法人向け銘柄レポートの結論が、たった半ページの四季報・情報を上回った事など5%もありません。しかも、プロの運用の世界で、自虐的に「理路整然と間違う」と言われるように、膨大な時間とお金をかけて調査した事も、コロコロ間違います。おそらく、ストックハウスの投資家の皆様で、四季報・情報を手にしたその日は徹夜だと言う方もいらっしゃると思います。それで良いと思います。

結局、個人投資家は四季報・情報をしっかり読み込んで、売り銘柄群と買い銘柄群を区分けして置いて、下げトレンドの吹き値を売り、上げトレンドの押し目を買う、そして、その組み合わせが最強の投資法だと思います。

それは大変な作業です。株式投資の勉強には終わりはありません。今日の相場と明日の相場は同じではないからです。千変万化する事象に勝つには、常に勉強しかありません。

株式投資の必勝法は99%の汗と1%の運です。この信用取引実践編は10回連載です。4回目にして結論に達したかのようですが、実践編はそんな甘いものではありません。奥深くまだまだ勉強しなければなりません。次回も勉強です。



平野 憲一(ひらの けんいち)
株一筋40年マーケットアナリスト
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など出演多数
日本証券アナリスト協会検定会員

~略歴~
1970年   立花証券株式会社入社
2006年   同社執行役員就任
2014年7月 個人事務所 K ASSET 代表マーケットアナリスト就任

ブログ『平野憲一の株のお話』


この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、その正確性、安全性等について保証するものではありません。


関連コンテンツ

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【信用取引について】
  • 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。 また、これらにより生じる恐れがある損失の額は、差し入れた保証金(当初元本)を上回る損失が生じる恐れがあります。
  • 株式は株価変動等により損失が生じる恐れがあります。株式の発行者や組入れ有価証券の発行者の業務や財産の状況、市況の変化に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。ETNは裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性があります。これらにより生じる恐れがある損失の額は、預託した委託保証金の額を上回る恐れがあります。
  • 約諾書の印紙代が必要な場合は、当社が負担いたします。
  • 取引に際し、売買代金の30%かつ30万円以上の委託保証金が必要です。株式・投信で代用する場合は、原則、基準値段の80%で評価されます。
  • 信用取引は、取引しようとする額の30%の委託保証金(最低委託保証金額は30万円)を預託することにより取引が行えることから、取引額は預託すべき委託保証金の額を上回ります。その比率は、約3.33倍です。
  • 建株の評価損や諸経費、代用有価証券の値下がり等により、計算上の委託保証金の額が30%未満または30万円未満となった場合、不足額を当社所定の日時までに差し入れていただく必要があります。差し入れが確認できなかった場合、当社の任意で建株の一部または全部を決済させていただきます。
  • 建株の株式分割時、分割比率が整数倍の場合は建株数が増加、建て単価が減額されます。分割比率が整数倍ではない場合、権利入札により権利処理価格が決定され、建て単価から減額されますが、入札時の相場状況・需給関係によっては、理論上の価格と乖離する場合があります。
  • 建株に係る株主優待は、受け取ることはできません。
  • お預かりする委託保証金は分別保管の対象ですが、信用取引により買い付けた株券、及び売り付けた代金は、分別保管の対象ではないため、当社の経営が破綻した場合等に、信用取引の決済が行えない可能性があります。この場合、原則、取引所が定めた株価等をもって金銭により清算されますが、支払い請求権には一切優先的地位が与えられないため、計算上利益が生じている場合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象にもなりません。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ