スワップポイント

建玉を決済せずに翌日に持ち越した場合、スワップポイント(組み合わせ通貨間の金利差相当額)が発生します。
例えば、日本円に比べて高金利の通貨を買い建てている場合、その金利差を受け取ることができます。同じ通貨の組み合わせで売り建てている場合には、金利差の支払いが発生します。
スワップポイントの額は、市場金利を勘案し、日々、東京金融取引所において決定されるため、スワップポイントの受け/払いは、通貨ペア毎の金利差や買方/売方の別により異なり、受取から支払に転じることもあります。
スワップポイントの額は、取引終了後に、立花くりっく365ログイン後の[マーケット情報]-[相場表]画面でご覧いただけます。また、東京金融取引所HPでもご覧いただけます。

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【取引所為替証拠金取引(立花くりっく365)について】
  • 取引金額は約定単価×取引枚数×取引単位(10,000倍、又は100,000倍で、通貨により異なります。)であるため、預託すべき証拠金の額を上回ります。その比率は、証拠金額・約定単価によって異なります。
  • 取引所為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格に基づき算出される金融指標の価格の変動により、損失が生ずることがあり、さらに、取引金額がその取引について預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回る恐れがあります。
  • 外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。
  • 相場急変により、売り気配と買い気配の差額(スプレッド)幅が広くなったり、意図した通りの取引ができない可能性があります。
  • 取引する通貨の対象国が休日等の場合、その通貨に係る金融指標の取引が行われないことがあります。また、ロスカット、証拠金不足が解消されない場合の強制決済は、取引開始後に執行します。
  • 取引システムや通信回線等に障害が生じた場合、注文発注・執行等が行えない、または遅延する場合があります。
  • 評価損が拡大し、有効比率が70%未満になった場合、全建玉をロスカットしますが、相場の急変時には、預託した証拠金を上回る損失が生じる恐れがあります。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ