2016.05 単元未満株(端株)の売却に関する注文方法および仕切幅の変更について

平素より立花証券のストックハウスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2016年5月1日に立花ストックハウス証券取引システム変更(以下、新システム移行)により、単元未満株(端株)のお取引について、以下の変更事項がありますので、お知らせいたします。

注文方法について

新システム移行後の単元未満株式のお取引は、新システム移行前と同じくご売却のみとなります。ご売却の方法は、買取請求と仕切売買のいずれかを以下の通りご選択いただきます。

  1. 買取請求の場合・・・新システム移行前後で、手続き方法および取次手数料に変更はございません。
     単元未満株式買取請求書をコールセンターへご請求いただいてからのお手続きとなります。(当社経由の取次手数料1件当たり540円(税込)です。)
  2. 仕切売買の場合・・・現在、ご注文をお電話で承っておりますが、新システム移行後は、インターネット取引画面からの注文受付が可能となります。証券口座ログイン後、[株式] - [端株注文] から「成行」でのみ売付注文を発注することができます。(当社営業日11:00~11:40および14:30~16:00頃まで注文不可、営業日で翌日注文の受付開始は16:00頃です。)

    • ※前場11時まで受けた注文が、前場の終値で不出来の場合は、失効にならず大引まで引き継がれます。


【委託手数料について】

従来、単元未満株式のお取引については、仕切り売却により時価から一定の仕切幅を減じた価格を売付価格とし、別途、委託手数料をいただいておりませんでしたが、新取引システム稼働以降は、別途、所定の委託手数料を徴収することになります。
ただし、当面の間、これに伴う手数料は無料とし、手数料改定時には、改めて当社ホームページのお知らせ等でご案内いたします。

仕切売買の注文受付時間

端株仕切り売却注文の受付時間が以下の通り変更となります。

売却価格決定に用いる
参考価格
新システム移行前(~4/28) 新システム移行後(5/2~)
前場終値 11時までのご注文 11時までのご注文
後場終値 11時から
14時までのご注文
11時40分から
14時30分までのご注文


【ご注意】
  1. ①仕切値幅は株価によって異なります。
  2. ②仕切売買においては、市場の需給関係の一方的な偏りによる比例配分等の場合に、約定が成立しない場合があります。
  3. ③仕切売買とは、お客様の売買に対し、弊社が相手方となってその注文の反対売買として向かう相対売買で、大きなリスクを伴う場合は、弊社の判断により約定が成立しない場合もありますので、ご了承ください。
  4. ④仕切売買において、名古屋・福岡・札幌金融商品取引所の新興市場銘柄、会社更生法申請による整理銘柄、等お受けできない銘柄があります。これら銘柄のご売却は、買取請求のみとなります。
  5. ⑤単元未満株式の買増は、ストックハウス口座では受け付けておりません

仕切幅変更について

仕切売買による前場または後場の時価から減じる幅(仕切幅)が以下の通り変更となります。

前場または後場の終値 仕切幅
(時価より減じる幅)
新システム移行前(~4/28) 新システム移行後(5/2~)
1円以上、100円未満 3円 2円
100円 3円 3円
100.1円以上、200円未満 4円 3円
200円 4円 4円
200.1円以上、300円未満 5円 4円
300円 5円 5円
300.1円以上、400円未満 6円 5円
400円 6円 6円
400.1円以上、500円未満 7円 6円
500円 7円 7円
500.1円以上、600円未満 8円 7円
600円 8円 8円
600.1円以上、700円未満 9円 8円
700円 9円 9円
700.1円以上、800円未満 10円 9円
800円 10円 10円
800.1円以上、900円未満 12円 10円
900円 12円 11円
900.1円以上、1,000円未満 13円 11円
1,000円 13円 15円
1,000.5円以上、1,300円未満 20円 15円
1,300円 20円 15円
1,300円超以降 300円刻みで仕切幅が
5円ずつ加算される。
→新システム移行後の仕切幅について、
詳しくはこちら

投資に際してのご留意点等

◀ システム変更に関するご案内に戻る

ご案内

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ