【投資信託コラム】
 第10回 投資信託は購入した後が最も大事(最終回)

「投資信託コラム」も今回で最終回となりました。前回までのコラムでは長期投資や分散投資の重要性、販売手数料や信託報酬などのコストを低く抑えることの大切さなどについて説明してきました。ファンド選びやポートフォリオ構築のポイントは理解していただけたかもしれませんが、資産運用はファンドを購入したら終わりではありません。より大事なのは、買った後のポートフォリオの“メンテナンス”です。

ポートフォリオのメンテナンスをしない場合、当初定めていた投資比率は資産の値動きによってバランスが崩れ、必要以上にリスクを取っていたり、取るべきリスクを取っていなかったりすることがあります。そのため、当初の投資比率を守るために「リバランス」を行う必要があります。リバランスとは、一般的に、値上がりした資産を売却する一方、値下がりした資産を買い増すことにより、定期的にポートフォリオのバランスを整えることを言います。例えば、図1で示すように、国内の株式・債券、先進国の株式・債券の4資産に均等投資したと仮定します(図1左図)。リバランスを実施しなかった場合、10年後の投資比率は、先進国株式が30%と、当初に比べ5%も増えてしまいました(図1右図)。一方、国内債券の比率は25%から19%に低下しています。

(図1)リバランスを実施しない場合の資産配分比率の変化

※ 2005年2月末時点で国内の株式・債券、先進国の株式・債券の4資産に均等投資したと仮定。各資産は以下のモーニングスターインデックス(単純)に基づく。国内株式=「国内大型ブレンド」、国内債券=「国内債券・中長期債」、先進国株式=「国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジなし)」、先進国債券=「国際債券・グローバル・除く日本(為替ヘッジなし)」
出所 モーニングスター作成

先進国株式の比率が増えたのは、米国を中心とした先進国の株価上昇を反映した結果です。ポートフォリオ全体では運用開始当初に比べて株式の比率が高くなっており、リスクを取り過ぎている可能性があります。株式市場が好調なときはよいかもしれませんが、ハイリスク資産である株式の比率が高くなっている分、株価が下落に転じれば当初の想定よりも大きな損失が発生することが考えられます。こうした事態を避けるために、定期的にリバランスを行い、4資産の比率を25%ずつに戻すことが重要です。

■リバランスは年1回がおススメ

次に、リバランスを行うとどのくらいパフォーマンスが改善するかを見てみましょう。図2は、国内の株式・債券、先進国の株式・債券の4資産に均等投資したと仮定し、リバランスを実施しない場合と、実施した場合の頻度別のトータルリターン(過去10年・年率)を比較したものです。これを見ると1年ごとにリバランスを実施した場合のリターンが4.89%と最も良好で、リバランスを実施しない場合を0.69%も上回っています。わずか0.69%と思うかもしれませんが、累積リターンではリバランスを実施しない場合を10%上回っており、大きな差が開いています。

リバランスを行う場合、ファンドによっては購入する際に販売手数料、売却する際に信託財産留保額というコストがかかるため、頻繁に行い過ぎるのもよくありません。半年と1年は同程度のリターンですが、コストを考えると1年ごとのリバランスの方がよいでしょう。また、1年ごとのリバランスでも、販売手数料が無料の「ノーロード」ファンドを利用すればコスト面でのメリットがあります。

(図2)リバランス頻度別のトータルリターン(10年・年率)

※ 2005年2月末時点で国内の株式・債券、先進国の株式・債券の4資産に均等投資したと仮定。各資産はモーニングスターインデックス(単純)に基づく
※ リバランス時のコストは考慮しない
※ 期間:2005年2月末~2015年2月末
出所 モーニングスター作成

■新興国資産の追加でリターン改善

国内の株式・債券、先進国の株式・債券の4資産は、新興国資産に比べると比較的値動きも安定しており、初めての方はこれらの資産に投資するファンドから始めるとよいと思います。各資産のリスクとリターンの水準を把握し、運用に慣れてきたら、よりハイリスク・ハイリターンの新興国資産を追加で組み入れるのも一考です。例えば、新興国の株式・債券は足元で原油価格の急落などから不安定な値動きとなっているものの、長期では先進国と比べた経済成長率の高さを背景に良好なリターンを達成しています。図3では、すでに説明した4資産分散に新興国の株式・債券を加えた6資産のパフォーマンスを示しています。6資産のトータルリターンは過去1年、5年、10年で4資産を上回っており、新興国資産を追加した分高いリターンとなっています。

(図3)4資産と6資産のトータルリターン比較

※ 2005年2月末時点で4資産(国内の株式・債券、先進国の株式・債券)、6資産(4資産と新興国の株式・債券)に均等投資したと仮定。各資産はモーニングスターインデックス(単純)に基づく。新興国株式=「国際株式・エマージング・複数国(為替ヘッジなし)」、新興国債券=「国際債券・エマージング・複数国(為替ヘッジなし)」
※ 4資産、6資産ともに年1回リバランス(リバランス時のコストは考慮しない)
※ 期間:2005年2月末~2015年2月末
出所 モーニングスター作成

ファンドらくらくナビ」では、資産運用の目的などを入力することによって、目標達成に必要な利回りやモデルポートフォリオ、おススメのファンドなどが表示され、投資初心者でも簡単に自分に合ったファンド選びができます。すでに運用を始めている方もファンドらくらくナビを活用することで、ポートフォリオに新たに組み入れるファンドを見つけることができるでしょう。



作成 


この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。

著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びに Morningstar,inc. に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。


関連コンテンツ

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【投資信託について】
  • 申込手数料は申込金額に対して3.24%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • 信託報酬は、純資産総額に対して年率2.538%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドによって、換金時に信託財産留保額をご負担いただきます。その額は、約定日の基準価額に0.5%を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドには、信託財産の監査、投資対象の売買手数料、資産の保管、信託事務の処理、等の諸費用(それらにかかる消費税含む)がかかり、信託財産から支払われます(ファンドによっては、マザーファンドなど投資対象有価証券にかかる費用含む)。これら諸費用は、保有期間や売買条件、額、運用状況等に応じて料率や金額が異なるため、その料率や金額を予め明示することができません。
  • ファンドは、組み入れた有価証券等の価格や市況・金利・為替相場等の変動、発行者の業務・財産状況の変化等により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。また、ファンドによっては、株式指標等に連動する性格をもたせているため、同指標等の価格変動により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ