2015.06.30 【重要】「投資信託の償還乗換優遇」の廃止について

日頃より弊社サービスをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

投資信託を長期で保有いただいたお客様が投資信託を継続して運用なさる際のコスト負担の軽減を目的に行ってきた償還乗換優遇制度ですが、平成27年7月21日(火)より廃止といたします。
現在、立花証券ストックハウスでは、手数料0円でお買付可能な銘柄を110本以上ご用意しており(平成27年6月30日現在)、多くの銘柄から選択していただけますことから、今回、「投資信託の償還乗換優遇」を廃止させていただきます。

実施日:平成27年7月21日(火)約定分より

お客様には何卒ご理解、ご協力を賜わりますようお願い申し上げますとともに、より一層のご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。





投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【投資信託について】
  • 申込手数料は申込金額に対して3.24%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • 信託報酬は、純資産総額に対して年率2.538%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドによって、換金時に信託財産留保額をご負担いただきます。その額は、約定日の基準価額に0.5%を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドには、信託財産の監査、投資対象の売買手数料、資産の保管、信託事務の処理、等の諸費用(それらにかかる消費税含む)がかかり、信託財産から支払われます(ファンドによっては、マザーファンドなど投資対象有価証券にかかる費用含む)。これら諸費用は、保有期間や売買条件、額、運用状況等に応じて料率や金額が異なるため、その料率や金額を予め明示することができません。
  • ファンドは、組み入れた有価証券等の価格や市況・金利・為替相場等の変動、発行者の業務・財産状況の変化等により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。また、ファンドによっては、株式指標等に連動する性格をもたせているため、同指標等の価格変動により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。

◀ お知らせ一覧に戻る

お知らせ

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ