よくあるご質問

残高反映・更新のタイミング

オンライントレード画面上からご発注いただけず、コールセンターで受け付ける商品・取引の場合には、反映タイミングが異なります。ご発注の際にご確認ください。

Q1.入金の反映

ご入金の方法や、振込先口座等により、異なります。

■ネットバンク リアルタイム入金サービスを利用した振込

ログイン後の[入出金・振替]-[オンライン入金]画面より提携金融機関インターネットバンキングのサービスにアクセスして、弊社宛にご入金いただくこちらのサービスであれば、ご入金額は即時オンライントレード画面上の各種可能額に反映されます。

  • ※提携金融機関インターネットバンキング側で振込手続きが完了した後は、「ショップへ戻る」「加盟店へ戻る」等のボタンを押してストックハウス取引画面へ戻ってください。これを行わず、ブラウザを閉じた場合等には、振込完了のデータ送受信が行われませんので、別途、入金連絡が必要となり、弊社にて確認後、入金手続きを行います。
  • ※提携金融機関インターネットバンキングのシステムと弊社システムとの間で、障害等により振込完了のデータ送受信が行われなかった場合には、翌営業日の反映となります。
  • ※本サービスのご利用にあたっては、予め提携金融機関のインターネット上での振込を可能とするサービスへのお申し込みが必要となります。(「インターネットバンキング」等)
  • ※「ネットバンキングリアルタイム入金サービス」では振込手数料、消費税は弊社負担です。

■専用振込先口座宛の振込

お客様の振込手続き完了後、各金融機関からの払込通知を付け合わせ、通常15~20分で入金手続きが完了します。
ただし、平日15:00以降や、弊社・金融機関休業日の場合は、翌営業日9:00以降になります。

※「専用振込先口座」へのご入金の場合、振込手数料・消費税は、お客様負担となります。

Q2.売却代金の反映-国内普通株式の場合

ご売却成立時点で可能額に加算されます。ただし、購入分を同日に売却した場合、その売却代金を同一銘柄の買付に充当することは出来ません。

Q3.売却代金の反映-投資信託の場合

売却成立日の翌営業日朝6:45に、可能額に加算されます。

Q4.返済代金の反映-日経225オプション取引(買建)の場合

返済成立直後に、可能額に加算されます。

Q5.不出来注文にかかる可能額拘束解除のタイミング(当日限り注文の場合)

ある銘柄の買付注文を発注していて、その買付が不成立の場合には、16:00(*1)に解除になります。売却にかかる銘柄・数量の拘束も、同様です。

(*1)相場の状況によっては30分程度延びる可能性がございます。

Q6. 不出来注文にかかる可能額拘束解除のタイミング(期限指定注文の場合)

Q&A-注文期限をご覧ください。

Q7.成行買付注文の成立にかかる可能額の修正

現物取引における成行買い注文の場合、値幅上限(STOP高)に株数を乗じて算出した金額(手数料・消費税含む)を買付概算代金として拘束します。
成立の結果、概算代金との間に差額が生じた場合には、注文が成立した時点で可能額が修正されます。

Q8.一口計算について

日経225オプション取引の手数料については、一口計算が適用されます。
注文成立時点では別々の計算で受渡金額が算出されますが、成立日の翌日朝6:45の時点で受渡金額・可能額等の修正が行われます。

Q9.入庫・振替いただいた株券等の反映

お客様が、保管振替制度を利用して他金融商品取引業者からお振替いただいた場合、弊社で入庫(振替)手続きが完了した翌日朝6:45、お預り残高に反映され、ご売却が可能となります。

投資に際してのご留意点等

お客様サポート

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ