【投資信託コラム】
 第7回 短期運用と長期運用の比較

投資においては短期的な資産価格の値動きに一喜一憂せず、長期的な値上がりを目指すことが重要です。例えば、株式投資を例に見ると、株価は日々のニュースなどで上下動しますが、長期では投資対象国の経済成長や企業業績の拡大を背景に上昇基調になると期待されます(図表1参照)。

(図表1)投資資産の価格変動イメージ

出所 モーニングスター作成

短期投資は、タイミングをうまく捉えると、短期間で大きな利益を得ることが可能ですが、運用に失敗するとそれだけ損失も大きくなります。2014年のTOPIXの月間騰落率の推移をみると、年間で8.08%上昇した強気相場の年であったとは言え、12カ月の内6カ月は下落しており、特に年初の1月は6.27%と急落しました。底値を打った4月に買い付けて高値となった11月に売却すると21.33%のリターンとなりますが、実際にそのタイミングを見計らうことは容易でありません。

■長期投資でリターンを安定化

一方で、長期投資は売買タイミングを気にせず運用が行えます。過去40年間において、TOPIXに投資した場合の投資期間別のリターンを見てみましょう。1年間投資した場合の最大上昇率は68.07%で最大下落率が▲46.48%と、その差は114.55%とブレ幅が大きくなっています。しかし、期間を延ばした10年間の投資だと最大上昇率20.18%と最大下落率▲7.54%と、その差が27.72%にまで縮小しています(図表2参照)。平均上昇率は大きく変わっていないことから、短期投資よりも長期投資の方がリスクを抑えて安定的なリターンを得ることが出来ると言えます。

(図表2)TOPIXの投資期間別リターンの推移

※ 月次ベース
※ 期間は1974年1月末から2015年1月末まで
出所 モーニングスター作成

■コストを抑える長期投資

また、投資をする際には売買コストを考慮する必要があります。投資信託のコストとして、信託報酬は投資信託を保有している間は継続的にかかりますが、購入時に支払う販売手数料と、解約時に支払う信託財産留保額は売買するたびにかかります。そのため、保有期間が長くなれば1年当たりのコストが下がることになります(図表3参照)。販売手数料3.0%、信託報酬1.5%、信託財産留保額0.3%と仮定した場合、1年当たりのコストは1年間保有すると4.8%ですが、10年間保有すると1.8%まで抑えられます。

(図表3)1年当たりのコストの比較

※ 販売手数料3.0%、信託報酬1.5%、信託財産留保額0.3%と仮定
出所 モーニングスター作成

マーケットを日々チェックし利益を追求することが好きな投資家にとっては短期投資が良いかもしれません。しかし、住宅購入や老後の備えなどの資産形成のために運用するのであれば、リスクやコストを抑えることが出来る長期投資の方がお勧めです。ストックハウスの「じぶん年金シミュレーション」では長期投資を前提として、投資家にとってお勧めの投資信託が選択できます。


作成 


この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。

著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びに Morningstar,inc. に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。


関連コンテンツ

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【投資信託について】
  • 申込手数料は申込金額に対して3.24%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • 信託報酬は、純資産総額に対して年率2.538%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドによって、換金時に信託財産留保額をご負担いただきます。その額は、約定日の基準価額に0.5%を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドには、信託財産の監査、投資対象の売買手数料、資産の保管、信託事務の処理、等の諸費用(それらにかかる消費税含む)がかかり、信託財産から支払われます(ファンドによっては、マザーファンドなど投資対象有価証券にかかる費用含む)。これら諸費用は、保有期間や売買条件、額、運用状況等に応じて料率や金額が異なるため、その料率や金額を予め明示することができません。
  • ファンドは、組み入れた有価証券等の価格や市況・金利・為替相場等の変動、発行者の業務・財産状況の変化等により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。また、ファンドによっては、株式指標等に連動する性格をもたせているため、同指標等の価格変動により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ