日経225先物/miniのご注文について

ご注文方法

ストックハウスで口座開設をされますと、2つの取引方法で自由にお取引が可能です。

ご注文のルール

必要証拠金

新規建注文時は、1単位あたり弊社規定証拠金を前もって証拠金としてお預かりしている必要があります。
日経225先物・・・プライス・スキャンレンジの1.2倍。(万円未満切り上げ、最低50万円)
日経225mini・・・プライス・スキャンレンジの0.12倍。(千円未満切り上げ、最低5万円)

プライス・スキャンレンジの額は日本証券クリアリング機構にて週1回見直しが行われることから、当社規定の証拠金も毎週更新されます。弊社規定証拠金の額は、ログイン後のお知らせ欄でご覧いただけます。
相場急変動時においては、プライス・スキャンレンジが臨時に見直され、当社規定の証拠金も変更される場合があります。

建玉の評価損、証拠金額の引き上げ等により不足金が生じた場合、不足額を所定の日時までに差し入れていただく必要があります。証拠金管理についての詳細は、Q&A-先物取引についてをご覧ください。

▶ Q&A-先物取引について

※SPANパラメーター設定情報は、平成25年7月8日(月)公表(7月16日(火)適用開始)分より、日本証券クリアリング機構ホームページに掲載。

注文の有効期限

当日分のみ。

最終売買日

各限月の第二金曜日(休日の場合は当該日の前日)の前日が最終売買日。

受渡日について

先物取引の受渡日は成立日の翌営業日です(株式投資とは異なります)。

返済(決済)について

最終売買日までに反対売買されなかった建玉は、SQ値(スペシャルクォーテーション)との差金決済になります。

取引の額

取引の額は、日経225先物は約定単価×取引枚数×1000、日経225miniは約定単価×取引枚数×100です。
例)日経225先物を16,000円で1枚(1単位)買い建てた場合の取引代金
・・・16,000×1×1,000=16,000,000・・・(1600万円)

取引の額は、預託すべき証拠金の額を上回る(比率は証拠金額・約定単価によって異なります)ため、生じる損失が、預託した証拠金を上回る可能性があります。

注文状況の確認方法

オンライントレードの[先物・オプション]-[先物取引]-[照会/訂正/取消]画面で、発注した注文内容が照会いただけます。

時価等閲覧方法

株価指数先物の時価等は、ログイン後画面(携帯も可)でご覧いただけます。
また、ストックハウスExpertでは、チャートもご覧いただけます。
なお、ストックハウスExpertの個別気配値情報画面でご覧いただく際の銘柄コードは、以下の通りです。

ギブアップ制度について

「ギブアップ制度」とは、OSE(大阪取引所)で導入された、注文執行と清算を別々の業者(証券会社等)で行うことができる制度です。利用する場合、予め「顧客」「注文執行取引参加者」「清算執行取引参加者」の3者間でギブアップに関する契約を締結しておく必要があります。
当社オンライントレードでは、「ギブアップ制度」はお取り扱いしておりませんので、予めご留意ください。

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【日経225 先物、日経225mini取引について】
  • 市場の状況によって、制限値幅が拡大されることがあるため、1日の損失が予想を上回る恐れがあります。
  • 日経225先物、日経225miniは、日経平均株価を対象としているため、価格は、日経平均株価の変動に影響を受け、損失が生じる恐れがあります。また、その損失が、預託した証拠金の額を上回る恐れがあります。

取扱商品

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ