2017.01.31 証拠金制度変更に伴う立花くりっく365サービス改定のお知らせ

平素より立花証券のストックハウスをご利用いただき誠にありがとうございます。

東京金融取引所による「取引所為替証拠金取引における法人顧客に対する証拠金制度の変更」に伴い、弊社では取引所為替証拠金取引「立花くりっく365」のサービス改定を実施いたします。


「立花くりっく365」の口座を保有されるお客様は以下のサービス改定内容を十分にご確認いただきますようお願い申し上げます。

証拠金基準額の変更について

現在「立花くりっく365」では東京金融取引所の公表する「為替証拠金基準額」を弊社における「証拠金基準額」として採用しておりますが、2月27日(月)取引日より、東京金融取引所では証拠金額を日々の相場変動を踏まえて算定する方式(以下、「HV(ヒストリカル・ボラティリティ)方式」)を含む以下の3方式を「為替証拠金基準額」として公表することとなります。

・レバレッジ25倍方式(個人専用)
・レバレッジ25倍上限付きHV方式(個人・法人用)
・HV方式(法人専用)

上記に伴い、2月27日(月)取引日より、個人・法人いずれのお客様にもレバレッジ25倍上限付きHV方式で算出された「為替証拠金基準額」を弊社「証拠金基準額」として適用いたします。

レバレッジコースの統一について

適用証拠金基準額の変更に伴い、2月27日(月)取引日より、個人・法人の全ての口座に対し、現行の25、10、5、3、2、1倍の各レバレッジコースを廃止し、新設する「レバレッジ25倍上限付きHV方式」コースに統一いたします。

レバレッジコース
レバレッジ25倍上限付きHV方式 25倍
10倍
5倍
3倍
2倍
1倍

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【取引所為替証拠金取引(立花くりっく365)について】
  • 取引金額は約定単価×取引枚数×取引単位(10,000倍、又は100,000倍で、通貨により異なります。)であるため、預託すべき証拠金の額を上回ります。その比率は、証拠金額・約定単価によって異なります。
  • 取引所為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格に基づき算出される金融指標の価格の変動により、損失が生ずることがあり、さらに、取引金額がその取引について預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回る恐れがあります。
  • 外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。
  • 相場急変により、売り気配と買い気配の差額(スプレッド)幅が広くなったり、意図した通りの取引ができない可能性があります。
  • 取引する通貨の対象国が休日等の場合、その通貨に係る金融指標の取引が行われないことがあります。また、ロスカット、証拠金不足が解消されない場合の強制決済は、取引開始後に執行します。
  • 取引システムや通信回線等に障害が生じた場合、注文発注・執行等が行えない、または遅延する場合があります。
  • 評価損が拡大し、有効比率が70%未満になった場合、全建玉をロスカットしますが、相場の急変時には、預託した証拠金を上回る損失が生じる恐れがあります。

◀ お知らせ一覧に戻る

お知らせ

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ