2014.12.26 現金プレゼントキャンペーン
グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)

本キャンペーンは終了しました。

SBIアセットマネジメントが提供する4つのインカム構造を持つファンド「グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)(愛称:トリプル・プレミアム)」をご購入いただいたお客様を対象に、抽選で10名様に現金1万円が当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします。当ファンドは設定以来、毎月210円という分配金を継続し、順調に純資産を増やしてまいりました。

現金プレゼントキャンペーンについて

キャンペーン内容

キャンペーン期間中に対象ファンドを合計で50万円以上ご購入いただいたお客様を対象に、抽選で10名様に現金1万円をプレゼントいたします。なお、抽選権は50万円購入毎に一口とします。

キャンペーン期間

2015年1月5日(月) ~ 1月30日(金) 申込受付日ベース

対象ファンド

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型) 『愛称:トリプル・プレミアム』

キャンペーンのご留意事項

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)について

4つのインカム収入で毎月210円の分配金を実現するトリプル・プレミアム!その特徴についてご紹介いたします。

1.設定以来、好調なパフォーマンス

11月末時点でのトリプル・プレミアムの基準価額は7,719円、分配金再投資後の収益率は直近1年間で、+21.15%となっています。今年9月に入りグローバル・リート市場および選択通貨であるブラジルレアルの急落により、一時的に基準価額は7,000円近辺まで下落しましたが、その後は市場が回復し、12月月初時点では、基準価額は7,700円台まで回復しています。

※ 期間:設定日(2013年6月28日)~2014年11月28日
※ 基準価額及び税引前分配金再投資基準価額は、信託報酬控除後の値です。
※ 収益分配金は1万口あたり円単位です。原則として、毎月17日(休業日の場合は翌営業日)に収益分配方針に基づき分配を行います。
※ 分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆、保証するものではありません。
※ 収益率は税引前分配金を全額再投資したものとして算出しています。

2.4つのインカム収入で毎月高分配を実現!

トリプル・プレミアムは、投資対象ファンドであるCSグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンドを通じて、日本を含む世界のリートへ投資します。それに加え、「グローバル・リート・トリプル・プレミアム戦略」を活用し、グローバル・リートへの投資を上回るインカム収入の獲得を目指します。

具体的には、4つのインカム性収益があります。下の図の左部分をご覧ください。これら4つのインカム性収益を柱に、安定的かつ高分配を目指します。また、右の図は、4つのインカム性収益の具体的な数値のイメージです。2014年11月末基準では、合計で29.93%程度のインカム性収益となります。


下の表をご覧ください。この表は、グローバルリートおよび高金利通貨の価格の上昇・下落の場合毎に、損益の状況を解説したものです。表の縦軸において、グローバルリートおよび高金利通貨の価格の上昇・下落を場合分けしています。損益は、大きく右端の縦列のインカム性の損益、真ん中縦軸のキャピタル性の損益に分けられます。インカム性損益は、資産の値動きに関係なく、享受出来ます。キャピタル性の損益は、価格の上昇の場合、一定価格までの上昇による値上り益は享受出来ますが、それ以上の上昇では値上がり益は享受できません。一方、下落の場合には損失が発生しますが、損失はインカム性収入の分、カバーされます。

3.通貨運用のスペシャリストである「ミレニアム・グローバル社」が高金利通貨を毎月選定!


では、実際にミレニアム・グローバル社が1カ月毎に選択した通貨の運用成果を見てみましょう。ミレニアム・グローバル社の運用力がお分かりいただけると思います。

【出所】ミレニアム・グローバル社、クレディ・スイス証券提供のデータに基づき、SBIアセットマネジメントが作成。
※ 検証期間は2005年1月から2014年6月までの毎月。
※ 「対象通貨」は、選択通貨ユニバースの中から実際に選択の対象となる確率の高い、高金利の10~11通貨としています。
※ 2005年1月~2013年5月は11通貨(ブラジル・レアル、南アフリカランド、人民元、インド・ルピー、インドネシア・ルピア、トルコ・リラ、ロシア・ルーブル、 チリ・ペソ、 ペルー・ヌエボ・ソル、メキシコ・ペソ、韓国ウォン)、2013年6月~2014年6月は10通貨(上記11通貨から、韓国ウォンを除く10通貨)に等金額投資しています。
※ 過去の実績であり、将来を予測・保証するものではありません。

4.グローバル・リート市場の今後の見通し

トリプル・プレミアムが投資するグローバル・リートの約75%を占める米国不動産市場は引き続き良好であり、今後もリート市場は魅力的なアセットクラスであると考えています。リーマンショック以降、米国の空室率は一時的に上昇、家賃は大きく下落しました。しかし、水色で示した米国実質GDPはリーマンショック以降、回復して成長を続けています。それを背景に賃貸住宅への需要も増加し、次第に空室率は低下、リートの配当の源泉でもある家賃は上昇し続けています。こうした米国の好調なファンダメンタルズを背景にグローバル・リート市場は今後も堅調な推移が期待できます。

【出所】米労働省、米商務省センサス局、ブルームバーグのデータに基づき、SBIアセットマネジメントが作成。



※ 本レポートは、当社がSBIアセットマネジメント社より提供を受けたものですが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。
※ 本レポートは、将来の市場動向等を示唆・保証するものではありません。



※当ページ内に表示された運用実績、分配金実績等は作成時点での過去の実績等を示したものであり、将来の分配金額や値動きを予想するものではなく、また運用成績等を保証するものではありません。

投資に際してのご留意点等

投資に際しては、取扱商品手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

【投資信託について】
  • 申込手数料は申込金額に対して3.24%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • 信託報酬は、純資産総額に対して年率2.538%(税込)を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドによって、換金時に信託財産留保額をご負担いただきます。その額は、約定日の基準価額に0.5%を乗じた額を上限とし、ファンドによって異なります。
  • ファンドには、信託財産の監査、投資対象の売買手数料、資産の保管、信託事務の処理、等の諸費用(それらにかかる消費税含む)がかかり、信託財産から支払われます(ファンドによっては、マザーファンドなど投資対象有価証券にかかる費用含む)。これら諸費用は、保有期間や売買条件、額、運用状況等に応じて料率や金額が異なるため、その料率や金額を予め明示することができません。
  • ファンドは、組み入れた有価証券等の価格や市況・金利・為替相場等の変動、発行者の業務・財産状況の変化等により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。また、ファンドによっては、株式指標等に連動する性格をもたせているため、同指標等の価格変動により基準価額が上下し、損失が生じる恐れがあります。

◀ キャンペーン一覧に戻る

キャンペーン

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

コールセンターへお気軽にご相談ください。
0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く)

WEBからのお問い合わせ

ページ上部へ